脱毛といっても女性向けばかりじゃない!男性向けのヒゲ脱毛 2014年6月11日 at 11:01 AM

脱毛というと女性のものというイメージがありますが、
男性向けのものもあります。
それが「ヒゲ脱毛」
脱毛ラボメンズ、メンズTBCなどでやっています。

男性にとってワキ毛や胸毛、すね毛などは、
放ったらかしでもかまわないものですが、
ヒゲだけは、しっかり剃ってやらなければいけません。
感覚的に、女性のムダ毛処理に近いかもしれませんが、
顔に生えている分、
手が抜けなくて面倒です。

ヒゲが濃い人など毎日結構な時間を
ヒゲを剃るのに使うことになります。
いつかヒゲを伸ばすつもりの人なら、
仕方ありませんが、
一生伸ばすつもりがない人なら、
無駄以外の何物でもない時間です。
永久脱毛があるんならとっととやってしまって、
ひげ剃りという行為から解放されたい人も多いでしょう。

ちなみに、男の髭が好きかというアンケートで、
8割以上の女性が、嫌いと答えています。
だらしくなくみえるからなどが理由ですが、
ヒゲを生やす意味がない時代なのかもしれません。
日本で生やしている人も非常に少数派です。

ただ、このヒゲ脱毛をするお客さんは、
全てのひげを脱毛したいという方ばかりではありません。
部分的にヒゲを脱毛したいという方もいます。
ホホのみ、口の上のみと、口の下のみ…
髭をデザインするための脱毛です。

ひげを生やしている人でも、形を整えるために、
剃るのは、結構面倒。
ある部分からしか毛が生えてこなければ、便利です。
「ヒゲ脱毛」には、こうゆう使い方もあるんですね。

脱毛ラボメンズだと、痛みが少ないS.S.C脱毛(制毛)。
料金も月額制で、払いやすいものになっています。
どうせやるんなら、早いほうがいいでしょう。
その分、自由な時間が増えます。

また、脱毛ラボメンズなら、
全身脱毛もやっています。
「ヒゲ脱毛」に比べれば、
需要は少ないでしょうが、
興味ある人は、そちらも考えてみてはどうでしょう。
人によって美意識はそれぞれ。
ツルツルの肌にあこがれる男性の気持ちも分かります。

参考・・・男の全身脱毛事情@おすすめメンズ脱毛サロンは?

ハイジーナ脱毛の値段は? 2014年1月25日 at 2:21 PM

ハイジーナ脱毛が気なる人いますか?

やっぱり水着を着る機会が増える季節の夏だと、アンダーの毛って気になりますよね。

ビキニラインだけ脱毛もいいし、この際だから全部脱毛しちゃった方が楽!

なんて、ハイジーナ脱毛を希望する人もいるかも。

 

ハイジーナ脱毛の値段は1回あたり約12,000円前後はかかるみたいなんだけど

サロンよって値段がやっぱり違うなー。

サロンによって4回セットとか6回セットとかあるみたいで

回数のセット内容で、1回あたりの値段が違ってきます。

総合的に見ると、アンダーの毛を完全になくそうと思ったら約6万円以上はするのではないかなっと。

値段を見ると、脇脱毛を基準に考えると高いかもしれないけど、

ハイジーナ脱毛はVIO3つの脱毛部分が入っているから

1回あたりの値段が高くなっても仕方がないみたい。

(VIOって、Vがビキニラインで、Iがデリケートゾーンの真ん中、0が肛門周辺になります)

 

もし、ハイジーナ脱毛で完全にアンダーの毛をなくしたいと思った時に、

その他ワキとか腕、足、背中とか将来的にムダ毛処理をしたいなって考えているなら

全身脱毛の方がお得になる場合もあるから、ハイジーナ脱毛をするときは後々脱毛箇所が増えるのか増えないのか考えてするといいかも。

 

女性が自分の身だしなみで使うお金って一体いくらかかるんだろう。。。

美容院、化粧品、エステ、健康器具、健康食品、そして脱毛。。。

綺麗になるにはお金もそれなりにかかりますよね(>_<)

 

生まれつき毛が薄い人が羨ましいな(^_^;)

家庭用脱毛器で、本当に脱毛出来るのか?? 2013年9月12日 at 3:35 PM

家庭用脱毛器といっても、種類は沢山。

日本メーカーから海外のものまで・・・

なので、家庭用脱毛器で脱毛出来るのか・・・っと購入希望の方は特に気になりますよね。

私も、気になったので、一度家庭用脱毛器は本当に脱毛できるのかを調べてみました。

 

脱毛できるのか・・・結論から言ってしまうと・・・

 

出来るものは出来る! 出来ないものは出来ない! とのことでした。

じゃぁ、脱毛がしっかりできる商品って?? 出来ない商品は??

っと気になると思います。

ですが、あえてどちらの商品も商品名など記載しません。商品名は記載しないので文章の中で、どの商品のことかご自身で考えてみて下さい。

 

まずは、脱毛出来る商品。

これは、効果=販売台数でわかると思います。

脱毛出来るとされる商品の脱毛方法は、脱毛サロンや医療機関でも行われているものです。

脱毛ラボのような脱毛サロンや医療機関との違いは、照射のレベルが格段に低いこと。

照射パワーが低いことで、脱毛サロンや医療機関で処理した時のムダ毛の減っていくペースに比べて、遅くはなりますが確実に少なくなるようです。

脱毛出来ない商品は・・・

基本的に、価格が安すぎる商品だとか。

価格が安ければ、怪しいというわけではありませんが、中には肌トラブルが起きてしまうものも。

 

家庭用脱毛器の購入を考えている人などは、口コミや他人の評価が全てではありませんが、参考にして、しっかりと使えるものを選んでくださいね。

家庭用脱毛器の種類 at 3:33 PM

自宅で手軽に使える家庭用脱毛器にも、いろいろな種類があります。

自分に合った脱毛器探しのため、それぞれ、脱毛方法の違いや特徴を調べてみようと思います。

 

・毛抜きタイプの脱毛方法

自分で、脱毛する時にポピュラーな方法が毛抜き。

家庭用脱毛器にも毛抜タイプの脱毛器があるんです。

 

毛抜きタイプの家庭用脱毛器で代表的なのが「ジェルエピ」というもの。

脱毛したい毛を約20秒間挟み、毛に高周波を流すことで毛根からキレイに脱毛していく商品。

 

痛みがなく脱毛処理していくことができるようですが、一本一本挟んで脱毛していく方法なので大変。

脚や腕など広範囲の脱毛には不向き。

眉や脇など比較的狭い範囲の脱毛には良いかもしれませんね。

 

・毛を剃るタイプの脱毛方法

ムダ毛を急に対処しなくては行けない時など、一時的ではあるものの簡単に処理できるのがカミソリなどで毛を剃る方法。

剃るタイプの家庭用脱毛器として、「電気カミソリ」「電気シェイバー」などがあります。

 

電気カミソリも電気シェイバーも、深ゾリ防止ガードなどが付いているので、肌を傷つける心配がなく出来る方法ですが、毛根への刺激はないので、時間が経てばまた元気に毛は生えてきます。

一時的に、もしくは継続的に処理できる人には良いかもしれませんね。

 

・エステサロンで行う家庭版。 光で脱毛する方法。

光脱毛(フラッシュ脱毛)は、脱毛サロンでよく行われている方法。

IPLという特殊な波長の光が毛の根元にあるメラニン色素に反応して照射され、毛の成長を弱らせていきます。繰り返し脱毛処理していくことで、毛の根元にある毛母細胞を弱らせ毛を再生させなくなっていく脱毛方法。

 

光を使って行う、家庭用脱毛器の代表として「ケノン」があります。

脱毛サロン同様のことが、自宅で自分の自由な時間に行うことが出来るのは、とても魅力的ですね。機会があれば試してみたい脱毛方法です。

 

・医療機関でよく行われる脱毛 レーザーで脱毛する方法

医療機関で行われる脱毛方法の多くが、レーザー脱毛。

光脱毛同様、ムダ毛にレーザーの光を照射させ、毛母細胞を弱らせることで毛の成長を遅らせながら脱毛します。

継続的に利用することで、最終的には毛母細胞の破壊(永久脱毛)にしていくことが出来るもの。

 

光脱毛器に比べて、照射できる面積が狭く時間がかかるものの、ムダ毛一本一本に照射していくので脱毛効果が高いとも言われています。

レーザー脱毛器として代表的なのが「トリア」という商品。

 

光脱毛器もレーザー脱毛器も、家庭用脱毛器の中で人気の商品。

どちらも試してみたいですね。

 

・最後は熱線を使った脱毛方法

熱線を使った脱毛方法は、サーミコン脱毛と呼ばれています。

サーミコン脱毛は、ムダ毛に熱線を当てることでムダ毛を切り取り処理していく方法の脱毛器。

 

毛を剃る感覚で処理していくことが出来ますが、カミソリよりもより安全で、処理後の毛の断面も丸くボール状になるので、処理後のジョリジョリ感もなく毛穴も目立ちにくくなるようです。

サーミコン脱毛器の代表的標品に「ノーノーヘア」というものがあるようです。

 

調べた5つの商品の中に気になる脱毛方法の商品はありましたか?

私は、どれも一度は試してみたいと思ってしまいました。

 

『参考サイト』

脱毛を探すならホットペッパービューティー|エステ – 美容室

大阪の脱毛サロン選び専用HP

脱毛サロン ミュゼプラチナム

 

 

 

 

男性のひげ脱毛について at 3:32 PM

私自身 女なので、男性のひげの大変さなどは、しっかりとはわかりませんが、最近は多くの男性がひげの脱毛を考えていたり、すでに脱毛に通っていたりしているようです。

ここでは、男性目線でひげ脱毛について考えてみたいと思います。

 

男性のひげ脱毛は、女性の各箇所の脱毛と異なることが1つあります。

男性のひげはきれいに伸ばしたりカットすることで、おしゃれの一つとして使えるワンポイント。

 

なので、女性の脱毛のように綺麗に全てムダ毛を無くすわけではなく、脱毛前に自分がなりたいひげをイメージし、そのイメージにあったヒゲだけを残しながら脱毛していくようです。

(私自身、始めて知りました)ひげ脱毛する男性も増えているようでして、ミュゼプラチナムみたいな有名脱毛サロンがどんどんヒゲ脱毛も始めるようになっていくのかもしれないですね。

 

ひげでおしゃれを楽しみたい人は、部分的に毛をなくして。

部分的にひげをなくすことで、髭剃りの時間を短縮出来るだけでなく、脱毛後も自分でひげそりをすれば、つるつる肌に。残しておいた毛を伸ばせば、デザインひげに。

と、気分で自分のひげを簡単に変えることができます。

 

ひげは男の象徴!!

っということで濃いのは嫌だけど適度に残したい人は、全体的に薄くする脱毛を。

全体的に、薄くするだけなので、今までひげの濃かった人は青ひげが解消されたり、手入れが楽に。

もちろん、脱毛後も自分でひげの手入れをすることも必要ですが、男性としての象徴であるヒゲを適度に残すことで、周囲に脱毛したことがあまりバレずに過ごせそうです。

 

ツルツル肌希望の方は、ひげ全部を脱毛。

赤ちゃんや女性のようにツルツル肌にしたい人は、ヒゲの全脱毛。

全部なくすことで、髭剃りが不要に。

忙しい朝も、起きて顔を洗うだけで出勤可能に。

 

ヒゲは、体のどの箇所よりも生えてくるスピード(毛周期)が早いので、1ヶ月に1度のペースで通わなくてはいけません。

ヒゲの濃さなどで個人差はありますが、

ヒゲをまばらにしたい人で大体6回~8回。

ヒゲを全く無くしたい人で大体8回~20回近くは通わなくては行けないようです。

 

男性のひげ脱毛は、通う回数や通うペースが早く大変ですが、毎朝の髭剃りで悩まされている人にはオススメですね。

 今は男性だけでなく、子供を対象にした脱毛なんてのもあるようですね。